コンサルタント

トライズのコンサルタントとはどんな役割で、どのようなサポートを提供しているのか?

トライズには、通常のスピーキング本科とTOEIC対策プログラムの2つのコースがありますが、どちらのコースにもコンサルタントが付きます。

トライズのYouTube公式動画では、社長が解説と、実際のコンサルタントが紹介されていますので、そちらもご紹介しています。

トライズのコンサルタントの役割と採用条件

以下、トライズ公式動画で、代表取締役社長の三木雄信さんがコンサルタントについて紹介しています。

この内容を元に採用条件と役割をまとめました。

イングリッシュコンサルタントの役割とは?

採用条件

トライズのコンサルタントの採用条件としては、日本語圏で一から英語教育を受けて、一定レベルの英語力を身に着けた方です。

英語力の測定には、ビジネス英語スピーキングテストのVersantなどを活用しています。

ハーフや帰国子女など、幼少期から英語圏で暮らしており、英語を話せるようになったケースは不可となっています。

これは、受講生と同じ立場で、学習のアドバイスができるようにするためです。

役割

  1. 適切なゴール設定
    より具体的で明確なゴールを設定
  2. 1年間の英語学習のマネジメント
    特定の教材の学習期間を設定するなど、ロードマップの作成。
  3. モチベーション維持
    4ヶ月と9カ月目で伸び悩み、モチベーションが下がりやすいのでその対策。

トライズのコンサルタントによるサポート内容

コーチング英会話「トライズ」 – 専属コンサルタントが日々サポート

 

トライズのコンサルタントは、あなたの学習を随時サポートしてくれます。

では、具体的な内容としてはどのようなものなのか?主に以下のサポートがあります。

こちらの内容は、通常のスピーキング本科とTOEIC対策プログラムで少し違いますので、その違いもご紹介します。

コンサルティング

はじめに、コンサルタントによるコンサルティングがあります。

上の項目で三木社長が解説されていたのと同じですが、具体的には以下のような事をします。

  1. 英語力のレベルチェック
  2. 目標設定
  3. 学習計画

これから学習をされる方への英語力レベルチェックは、ネイティブ講師とコンサルタントが担当します。

その方のレベルに合ったクラス分けや、教材の選択をします。

関連記事:トライズではどんな教材を使うのか?

プログレスチェック

Progress Checkとは、「進捗確認」という意味ですが、2週間に1回受講生と顔合わせをして、学習範囲ができているかのチェックです。

コンサルタントの前で、リスニング・スピーキングをしてアドバイスをしてくれます。

フォローメール

毎日、受講生からコンサルタントへ学習した内容をメール報告してもらいます。

その内容に対して、アドバイスや、学習に役立つ内容をメールで送信してくれます。

TOEICコースのみレッスンあり

TOEIC対策プログラムのみ、日本人コンサルタントによるオンライン・プライベートレッスンがあります。

毎週2回レッスンがありますので、文法・語彙・速読などのアドバイスが受けられます。

関連記事:トライズTOEIC対策プログラムのコースとサポート案内

トライズのコンサルタント紹介動画

以下、トライズ公式の「イングリッシュ・コンサルタントの一日」という動画です。

こちらは受講生向けというより、トライズへの求職者向けの内容になっています。

主にトライズのスタッフ募集向けの動画になっていますが、コンサルタントが受講生に対してどのようなサービスを提供しているのか確認する事ができます。

イングリッシュ・コンサルタントの一日

 

また、トライズのコンサルタントのインタビュー記事などもありますので、こちらも併せてご覧ください。

コンサルタントインタビュー

その他のコンサルタントについては、各コースの公式ページでご確認ください。

トライズのコンサルタントまとめ

トライズでは、ハーフや帰国子女ではなく、一から英語力を上げていったコンサルタントがあなたをサポートしてくれます。

あなたのレベルチェック・進捗確認・フォローメールから、TOEICコースのみレッスンも対応してくれます。

あなたの英語力アップに徹底対応してくれますので、各コースの公式ページを確認してみてください。