TOEIC

トライズTOEIC対策プログラムのコースや、サポート案内についてまとめました。

トライズTOEIC対策プログラムの学習内容から、他社との料金比較まで掲載しています。

トライズのスピーキング本科ではなく、TOEIC対策プログラムを検討されている方はチェックしてみてください。

トライズTOEIC対策プログラムの詳細

TOEICテストとは?

TOEIC Program 40年のあゆみ

すでにご存じの方も多いかと思いますが、TOEICテストとは一般的に、TOEIC L&R TESTの事を指して言います。

こちらはビジネス英語のコミュニケーション力を上げるためのListeningとReadingのテストになります。

他にもSpeakingとWrittingのスキル・テストであるTOEIC S&W TESTもありますが、一般的にTOEICはL&R TESTの事を指しています。

こちらは、一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会という団体が運営しています。

トライズのTOEIC対策プログラムでは、こちらのTOEIC L&R TESTでスコアアップするための対策コーチングをしてくれます。

英語を話すためのTOEICスコアとは?

すでにご紹介したとおり、一般的に言われるTOEICは、L&Rテストのため、スピーキングやライティング力を上げるものではありません。

しかし、各大手企業が採用しているとおり、英文法や語彙などの基礎力を上げるためには良いテストと言えるでしょう。

ここではトライズを提供しているトライオン株式会社の三木雄信 社長が「英語を話すためにTOEICは何点必要なのか?」というテーマで解説しています。

英語を話すためにTOEICは何点必要なのか?

このように、三木社長としては、英語の基礎力としてTOEIC L&R TESTで400~500点は必要としています。

その後、現場で実際に使うためには、そのままスコアアップではなく、スピーキング力を上げていくのも一つの方向性と言えるでしょう。

また、その後に昇進のために730点以上必要であれば、さらにTOEIC L&R TESTに取り組んでも良いとしています。

コースの流れと学習内容

それでは、具体的なトライズTOEIC対策プログラムのコース概要についてご案内します。

すでにご紹介したとおり、こちらのコースはTOEIC L&R TESTに対応しています。

残念ながら、スピーキングとライティング力を計るTOEIC S&W TESTには対応していません。

はじめに、あなたの現状を把握するために、6つの英語力テストを計ります。

  1. TOEIC L&R 模擬試験
  2. TOEIC L&R IPテスト
  3. シャドーイングテスト(※1)
  4. 単語力テスト
  5. 速読力テスト
  6. 英文法テスト

※1:英語の音声を聞いた後、すぐに復唱する練習

これらをしっかりやる事で、あなたの弱点を把握し、対策を練っていきます。

その後、カウンセラーのサポートを受けつつ、具体的に以下のような学習をしていきます。

  1. 2000語の単語学習
  2. 高校レベルまでの英文法学習
  3. リスニングと速読力アップ

これらの学習を1日3時間を目標として、たっぷり学習して進めていきます。

お仕事をされている方の場合、朝・仕事前後での通勤中・アフターファイブの時間を活用して学習するスケジュールになっています。

以下、具体的な受講生の学習スケジュールの例です。

トライズTOEIC対策プログラムのスケジュール

出所:TORAIZ TOEIC対策プログラム

トライズのTOEIC対策プログラムでは、このようにたっぷりと英語学習を進めていきます。

サポート内容

トライズでは、ネイティブ講師の他に担当のコンサルタントが付いており、あなたの学習をサポートしてくれます。

TOEIC対策プログラムにおいても、コンサルタントが徹底サポートをしてくれます。

代表取締役の三木雄信 社長が、コンサルタントの役割について解説しています。

イングリッシュコンサルタントの役割とは?

このように、ハーフや帰国子女のように、英語圏の環境にいた事で英語を話せた方は採用していません。

トライズのコンサルタントの役割としては、ゴール設定・ロードマップの作成・モチベーションの維持があります。

これらの役割によって、あなたの英語学習をサポートしてくれます。

以下、トライズの求人向けではありますが、イングリッシュ・コンサルタントの一日を取り上げた公式動画です。

具体的にどのようなコンサルタントがいて、どのような仕事をしているのかを確認する事ができます。

イングリッシュ・コンサルタントの一日

このように、受講生に合わせた学習計画やサポートをしてくれます。

TOEIC対策プログラムの場合、通常のスピーキング本科との違いとしては、週2回のTOEIC対策レッスンも対応しています。

コンサルタントについてより詳しくは、別の記事にまとめていますので、こちらからご覧ください。

関連記事:トライズのコンサルタントとは?役割とサポート内容

他社との費用比較

それでは、トライズのTOEIC対策プログラムは、どの程度の費用なのか?

また、他社のTOEIC対策サービスと比べてどう違うのか、比較表を用意しました。

同様に短期集中型のコーチング英会話で人気のあるRIZAP ENGLISHと、PROGRITです。

どちらもTOEIC対策のコースがあり、そちらの費用での比較をしています。

※掲載料金は、当記事更新時点のものです。最新情報は各公式ページからアクセスしてください。
※全サービス別途、入会金50,000円が必要(TORAIZはキャンペーン時に無料になる事があります)

サービス名 受講料総額(税抜) その他
TORAIZ TOEIC(2ヶ月) 234,800円
RIZAP TOEIC2ヶ月 328,000円
RIZAP TOEIC3ヶ月 450,000円 給付金対象コース
RIZAP TOEIC4ヶ月 572,800円
PROGRIT TOEIC2ヶ月 328,000円
PROGRIT TOEIC3ヶ月 468,000円 給付金対象コース

このように、他社のコーチング英会話スクールと比べても、トライズのTOEIC対策プログラムの方が安い傾向があります。

また、トライズでは、過去にTOEIC対策プログラムの入会金無料キャンペーンをおこなっていた事があります。

トライズFacebookページ TOEICキャンペーン
出典:TORAIZ Facebookぺージ

今後も同様のキャンペーンが行われるか不明ですが、入会金が無料になる可能性があります。

入会金などの最新料金は、トライズTOEIC対策プログラムの公式ページからご確認ください。

トライズTOEIC対策プログラムまとめ

トライズのTOEIC対策プログラムは、一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が提供している、TOEIC L&R TESTの対策をするコースになっています。

TOEICを目指すかしないかはあなた次第ですが、どちらにしろトライズでは1年間という短期間で英会話を習得できる学習プランが用意されています。

まずは無料でカウンセリングで、専属コンサルタントのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?